初めてのフォーマルドレス購入ガイド

ホーム > フォーマルドレス情報 > 色から選ぶフォーマルドレスのポイント

色から選ぶフォーマルドレスのポイント

フォーマルな装いに相応しい色として、ブラックフォーマルをイメージする女性は少なくありません。
カジュアルではない品格も服装に求められており、フォーマルドレスを選択する際、様々な点に着目することも大事です。
例えば、色からフォーマルドレスを選ぶ際、大人な印象を与える黒は引き締め効果も期待できます。
ブラックフォーマルと違い、カラードレスに赤を選択するケースがあります。
赤い口紅からも連想されるように、女性らしさ、さらに情熱的、激しさなどのカラーイメージが根付いています。
温暖色である赤は、目立つ色であるため、視線も注目も集めることができる反面、パーティーなどの場において、堂々と立ち振る舞える行動派に向いている色です。
赤のフォーマルドレスを着用するに相応しいのは、発表会などの主役となるシチュエーションです。
同系色でありながら、柔らかさや可愛さを醸し出すのがピンクのドレスで、主役よりも脇役、披露宴を一例とした場合、受付係や友人代表のスピーチなどを依頼された際の場に相応しいカラードレスです。


フォーマルドレスと一口に言っても、膨張色と収縮色によるスタイルの差も挙げられます。
柔らかな雰囲気でありながらも、丸みのある小太りに見えるのが膨張色で、反対にスマート、華奢に見えるのが収縮色で、明度まで考慮することは大切です。
フォーマルドレスも裾が広がるAラインもあり、体型をカバーする形、視線を外す露出に着目するのではなく、色でカバーする知識を持ち合わせることも利得です。
とかく、膨張と収縮を意識したいのは、マタニティー向けのフォーマルドレスで、ふくよかではなく、柔らかなイメージの中間色が選ばれています。
また、親も子供もフォーマルな装いを求められる機会は少なくはなく、お宮参りをはじめ、結婚式に出席する機会もあったり、子供がフォーマルドレスを着用する機会はピアノの発表会なども挙げられています。
マタニティードレス同様、赤ちゃんを連れて出席する際、ベビードレスを1枚購入しておくと、親がフォーマルな装いで出席する際に違和感をなくすことができます。


フォーマルドレスを選択するシチュエーションは、結婚式である場合も多く、白などの着てはいけないドレスカラーも大人にはあります。
また、子供も出席させる場合、どんな服装で出席するのがベターであるのか、とかく、女の子の白ドレスの色カブりは否定的ではないものの、フラワーガールやリングガール指定で装える内容です。
なにを着ても可愛い年頃ですが、主役はあくまでも花嫁で、レースやフリルたっぷりのドレスは控えるのもフォーマルシーンでは大切です。
正式な礼装はスーツ、シンプルなワンピースやドレスで、就学以上の子供の場合、ドレスよりワンピーススタイルが適正で、ドレスを選ぶにしても落ち着いた色が華美になりすぎるデザインを抑えてくれます。
例えば、赤でもスカーレットカラーのドレス、フォーマルブラックを印象付けるブラックリボンで大人っぽいドレスを選択肢に入れるだけでも、印象は様変わりします。
お手軽価格から、オーダーメイドの本物志向の子供ドレスまでがあり、リボンを付けるだけでフォーマルな雰囲気を出すこともでき、結婚式や発表会などに付け外しができるなど、臨機応変に対応できるドレス選びが子供にも言える内容です。

次の記事へ

カテゴリー

ホームへ