初めてのフォーマルドレス購入ガイド

ホーム > フォーマルドレス情報 > 結婚式に参列する際のフォーマルドレス選び

結婚式に参列する際のフォーマルドレス選び

ドレスを着用していく場に参加することは、長い人生の中でもそう頻繁にはないという人が大半ではないでしょうか。
その中でもフォーマルドレスを着用することは滅多とあることではありません。
そもそもフォーマルは、公式や正式という意味があり、現代の日本では個人ではない公おおやけの場に適した服装を意味しています。
これと言った決まりがしっかりとあるわけではなく、フォーマルドレスの中にも格式があるので、参加する式や立場によって選び分けるようにしなくてはなりません。
フォーマルドレスを着用していく式として、まず頭に浮かぶのはやはり結婚式ではないでしょうか。
おめでたく改まったシーンということもあり、マナーもしっかりと守るようにしなくてはならないので、身だしなみには特に気をつけるようにしまょう。


一昔前に比べると、今では結婚式自体も割とラフなものに変わってきているということもあり、友人として招待された際にはドレスに対しては、それほど気を使わなくても良い時代となってきています。
結婚式のゲストの立場のフォーマルドレスといえば、スカートは膝下で袖のあるものというイメージがありましたが、近年では様々なデザインのドレスで参加する人が増えており、個人個人でお洒落を楽しんでいる人が大半です。
友人の立場で参加する場合には、華やかな結婚式の場を盛り上げるとちう役割もあるので、あまり地味にならず、白を避けるなど基本的なマナーを守っておけば良いともいえます。
当然のことではありますが、主役である花嫁よりも目立つような格好はしてはならないということは頭に置いておく必要があります。


ウェディングドレスの象徴であり花嫁が着ることができる特別な色である白は、列席者が着用することはタブーとなっているので、選ばないように気をつけましょう。
白だけではなく、クリーム色や淡いピンク、淡いイエローも避けておくべきです。
光の加減によっては、白に見えてしまうことがあるからです。
ショール程度ならば問題はないと考えがちですが、写真を撮るときには上半身だけ写ることもあるので、ドレスだけではなく小物のカラーにも気をつけておかなくてはなりません。
どんなにドレスのマナーに気をつけていても、小物類でマナー違反となってしまうとせっかくの良いドレスも台無しになってしまいます。
友人という立場でも、基本的な身だしなみのマナーには十分気をつけておくことが第一と考えて選びましょう。

次の記事へ

カテゴリー

ホームへ