初めてのフォーマルドレス購入ガイド

ホーム > フォーマルドレス情報 > ブランドが提案するフォーマルドレス

ブランドが提案するフォーマルドレス

結婚式やビジネス要素を含むパーティーで着るフォーマルドレス、季節に合わせた生地選び、さらに色選びなどを意識する女性は、ハイセンスな装いから、品格までも高められます。
例えば、ポリエステルはシワになりにくく、若年層をメインターゲットにしたファッションブランドが使用し、肌触りが良い点も魅力です。
伸縮性を高めたポリウレタン素材は、サイズに不安を抱くマタニティードレスに適しており、単体ではなく、他素材とミックスしているため、ストレッチを求めるにしても、他の素材を基準に季節も考えて選びたい素材です。
パーティードレスの裏地に使われるのはレーヨン素材で、スカートをふんわりさせるにも適しています。
また、フォーマルドレスの素材としては、それなりの価格からもシルク素材が最適とされ、高級ファッションブランドでもシルクでフォーマルドレスを発表しています。
夏は涼しく冬は暖かいなど、高機能な素材でもあり、フォーマル・セミフォーマルな席にも利用できます。


コットンのみならず、化学繊維も優秀な素材で、ホームクリーニングできるフォーマルドレスも少なくありません。
素材によっては、チュールを何層にも重ねたドレスもあったり、形が崩れやすいため、保管方法が手軽など、メンテナンスのしやすさも重要です。
最近では、フォーマルドレスもノーブランドでプチプラで提供されていますが、年齢的にも40代以降の女性におすすめなのは、上質な身に着け方が意識されているハイブランドのドレスです。
例えば、シルクは上品な光沢、とろみ感が魅力的ですが、同じシルクでもシフォン素材で印象も変わります。
袖があるシルクドレスは珍しいものの、季節感を演出できたり、透け感があればラグジュアリーな印象にも魅せられます。
生地も軽さがあり、動きに合わせて揺れるため、社交場でも身に着けられる内容です。


フォーマルなシーンでドレスを着用する際、ボレロやショールを羽織るのはナンセンスと言われてもいます。
ドレスのデザインを損なってしまうのが理由でもあり、ブランドドレスは1枚で着こなせるデザインに仕立てています。
また、動くたびに整えなければならないことも理由の1つです。
こうした場合には、袖ありのフォーマルドレスを選ぶのもおすすめですが、袖が長すぎたり、デザインが複雑であることにより、食事の際に料理で汚れてしまうこともあり、半袖や七分丈などを選ぶことで季節にも配慮できます。
ハイブランドが提案しているフォーマルドレスには、羽織がいらず1枚で完成するマントデザインもあり、ラインの美しさなど、完璧なスタイルを醸し出すことが謳われています。
もちろん、胸元の露出が控えめであることで、お辞儀をする回数が多い式典で胸元がはだけるのを防ぐことができます。
デコルテや胸元には透け感ある素材を用いるなど、オーガンジー越しに肌を魅せるというおしゃれ要素も素材から意識できます。

カテゴリー

ホームへ