初めてのフォーマルドレス購入ガイド

ホーム > フォーマルドレス情報 > フォーマルドレスで装うに相応しいシーン

フォーマルドレスで装うに相応しいシーン

公式や格式ばっているフォーマルなシーンとして、結婚式やパーティーなど、華やかでめでたいシーンでは、フォーマルドレスで装います。
またゲストとして、ドレスコードを意識しなければならないのもポイントで、多種多様な人が集う場に相応しい装いが必要ですが、明確な違いに戸惑うケースも多く聞かれています。
また、ブラックフォーマルと喪服との違いも、男性の場合には礼服と考え、ネクタイのみを変えるだけで装いは完成します。
しかし、女性用のブラックフォーマルには、ドレスとなる慶事用と弔事用が流通しています。
ブラックフォーマルドレスは、サテンやシフォン、刺繍入りなど、デザイン性の高いドレスが多く、コサージュやアクセサリーなどのアレンジを加えるだけで、華やかなシーンでの装いにも応えられます。
逆に、光沢のない黒の単1色であり、肌の露出を控え、スカート丈も膝下などは一般的に喪服とした着用です。
服装のルールを知ることは大事で、服装の格の指定をドレスコードと略しており、格によってフォーマル・セミフォーマル・インフォーマルに分けられています。


昼間に限定したフォーマルドレスの特徴は、袖やスカート丈が長く、素材は光沢を抑えられており、アフタヌーンドレスとも言われています。
一方、胸元や背中が大胆に開いたデザイン、光沢や重厚感あるロング丈、夜に限定されるのがイブニングドレスです。
ブラックフォーマルな装い方もありますが、カラーフォーマルとなる装いは、ラグジュアリーホテルをはじめとするホテルウェディング、クルージングパーティーなど、セレモニースタイルを求める際に着用します。
華やかで品格ある装いとして、フォーマルドレスが選ばれています。
ドレスコードがセミフォーマルであるシチュエーションとなりやすいのは、ウェディングであり、披露宴にお呼ばれされた際にカラーフォーマルドレスを着用します。
ドレスの胸や肩などの露出は控えるのが原則ですし、ボレロやストールなどの羽織るものを合わせると上品です。
夜のセミフォーマルドレスは、ノースリーブであり、肌の露出も時間帯によってイブニングドレスほど要求されないのも特徴です。
ラメやスパンコールなど、華やかなものが望ましいと言われているのは、薄暗い雰囲気の中でも目立ちやすい、逆に、ライトによって乱反射させ、会場に華やかさを演出できることも理由の1つです。


ファッションにはキレイめ、モード系など、デザインごとにテイストがあり、パーティードレスにもフォーマルとファッションブランドに分けた選び方ができます。
パーティードレスなどのフォーマルアイテム専門となるショップでは、王道デザインのドレスが多く、生地やディティールの作りからみても品質は高く、価格も3万円台から5万円台が相場です。
百貨店のフォーマル売り場でも取り扱われており、Aラインスカートなど女性らしいスタンダードデザインが多く、落ち着いたシックなドレスより、明るいパーティー向けとしたものが目立ちます。
例えば、パッと目を引く赤のドレスでも、着用してみると意外と馴染みやすく、ミセスには抵抗感が挙げられているピンクも、サーモンピンクで着こなしやすさがあります。
フォーマルブランドでも、ミセス向けにはエレガントなデザインのものも増えており、きちんと感、きちんとした場に相応しい上品な雰囲気になれるのも魅力です。
品質がよいと購入するのも躊躇しがちで、百貨店などでもレンタルサービスを打ち出しているケースもあります。

次の記事へ

カテゴリー

ホームへ